あなたのご自宅でつくられたでんきで「地域」がもっと「元気」にあなたのご自宅でつくられたでんきで「地域」がもっと「元気」に

  • えねちょで卒FITする理由1
                            売電するよりお得なお礼の品がもらえるえねちょで卒FITする理由1
                            売電するよりお得なお礼の品がもらえる
  • えねちょで卒FITする理由2
                            寄附した電気で好きな地域に貢献できるえねちょで卒FITする理由2
                            寄附した電気で好きな地域に貢献できる
  • えねちょで卒FITする理由3
                            ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」にて契約自治体数No.1!
                            *2020年2月時点えねちょで卒FITする理由3
                            ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」にて契約自治体数No.1!
                            *2020年2月時点

卒FITに、新しい選択を

選べる2つの地域貢献
選べる地域貢献 01

地域の電力会社に電気を直接寄附!

地域の電力会社に直接電気を売ることで、その電気は地域の施設に使われます。

提携地域新電力会社(一例)

  • HOPEの電気 東松島新電力
  • おおた電力
  • 中之条パワー
  • 銚子電力
  • 加賀新電力
  • SAIKAI CREATIVE COMPANY

「直接寄附」の仕組み

「直接寄附」の仕組み「直接寄附」の仕組み

寄附した電気の使い道

石川県 加賀市 加賀市医療センター

石川県 加賀市
加賀市医療センター

長崎県 西海市 大瀬戸小学校

長崎県 西海市
大瀬戸小学校

群馬県 太田市 太田市民会館

群馬県 太田市
太田市民会館

群馬県 中之条町 ふるさと交流センターつむじ

群馬県 中之条町
ふるさと交流センターつむじ

千葉県 銚子市 銚子電鉄

千葉県 銚子市
銚子電鉄

宮城県 東松島市 宮野森小学校

宮城県 東松島市
宮野森小学校

現在寄附を受け付けている地域

選べる地域貢献 02

大手電力会社にいったん電気を寄附!
すると、全国各地より厳選したお礼の品がもらえる!

大手電力会社に電気を寄附することでポイントがもらえます。ポイントがたまるとお礼の品と交換が出来ます!

提携電力会社

  • 丸紅ソーラートレーディング

「お任せ寄附」の仕組み

「お任せ寄附」の仕組み「お任せ寄附」の仕組み

*でんきの寄附は、税法上の寄付金控除の対象となる寄附行為には該当いたしません

えねちょ利用なしの場合との比較

寄附/売電電力量
単価
200kWh
600kWh
700kWh
800kWh
えねちょを利用した場合
10pts/kWh
長崎県平戸産 春日の棚田米(2合)
すだち牛黒毛和牛 焼き肉用(300g)
三河一色産うなぎの炭火焼(1.5尾)
鹿児島県産茶美豚しゃぶしゃぶセット(900g)
えねちょ利用なしの場合※1
8円/kWh
1,600円
4,800円
5,600円
6,400円

※1 東京電力エリアの場合

電気を寄附してもらえるお礼の品

  • 鹿児島県産茶美豚しゃぶしゃぶセット(900g)

    鹿児島県 霧島市

    鹿児島県産茶美豚しゃぶしゃぶセット(900g)

    必要ポイント
    8,000pts
  • 三河一色産うなぎの炭火焼(1.5尾)

    愛知県 碧南市

    三河一色産うなぎの炭火焼(1.5尾)

    必要ポイント
    7,000pts
  • すだち牛黒毛和牛 焼き肉用(300g)

    徳島県 鳴門市

    すだち牛黒毛和牛 焼き肉用(300g)

    必要ポイント
    6,000pts

卒FITとは

FIT制度(固定価格買取制度)について

再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が、一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。
FITにより電力会社が買い取った電気は、その費用の一部を、電気を利用する国民全世帯から「再生可能エネルギー発電賦課金」という形で集め、再生可能エネルギーの導入を進めます。
これにより、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、普及が促進されたほか、FITを利用した多くの発電事業者が誕生しました。

FIT制度が抱える「2019年問題」

買取期間が終了した電源については、法律に基づく電力会社の買取義務がなくなります。
FIT制度を利用した余った電気の買取は、住宅用において10年間の買取期間が設定されており、
制度が開始した2009年10月以降に10年を経過した世帯は、2019年11月以降に順次買取期間の満了をむかえます。
買取期間が満了した後は原則は買取が終了し、新たな契約を締結しない限りは、売電が終了します。

買取期間満了後の選択肢

①そのまま
従来通り大手の電力会社に余った電気を買い取ってもらうことができますが、買取価格が大幅に低下します。
※300kWh※1 =FIT価格:14,400円(48円/kWh)→卒FIT価格:約2,400円 (8円/kWh※2

②自家消費
昼間に発電して余った電気を蓄電池に貯めて夜間に使用することで、電気代を抑えられます。

③新電力会社等と相対契約
新電力会社等と契約し余った電気を買い取ってもらうことができます。

  • ※1 東京電力エリアの場合
  • ※2 月間の一般的な家庭での想定売電量

多くの電力会社が卒FITの買取を表明していますが、
あなたの自宅でつくられたその電気は、あなたの地域でつくられた「地産の電気」です。
自分で作った「あなた産」の電気を、
あなたの住む地域へ「寄附」してみませんか?

お申込み時の留意点

直接地域に寄附する場合

■10年間のFIT買取期間満了日前にお申込みの方
10年間のFIT買取期間満了日を迎える前に、一般送配電事業者からFIT買取期間満了に関する通知書面がご自宅に届いておりますのでご確認ください。
もしご自宅に届いていない場合は、現在ご契約をしている電力会社にお問い合わせください。

■10年間のFIT買取期間満了日後にお申込みの方
固定価格買取制度(FIT制度)で売電する再生可能エネルギー発電設備に対して「 認定通知書(設備認定通知書)」という書類が発行されます。
変更認定通知書をお持ちの方は、変更認定通知書をご用意ください。

上記ご確認のうえ、好きな地域を選んでお申込みください。

お任せで寄附する場合

好きなお礼の品を選んでお申込みください。